IMG_0361


どうも、フットサル初心者なみけんです。

前々回までポジショニングについて3回考えてきたのですが、その続きです。

本日は、相手がいる場合の基本のポジショニングの考え方をやっていきます。


基本の考え方としては、まずはボールの位置によって、基本ポジショニングに動く。その後、相手の見てポジショニングを再調整する、という考え方です。

ポジショニングの一回目の時に基本パターンをいくつかお伝えしました。

今回は、基本パターンの中から、一番左下にボールホルダーがいて、青⑤が次パスを出したたい時の他味方の動き方を考えます。

どこでボールを持ったパターンでも基本の考え方は同じで、ボールホルダーからパスラインを確保するという考えが基本です。

以下は、左下⑤がボールを持った時の、基本ポジショニングです。

IMG_0369



まずは、青⑤がボールを持った時の青③のポジショニングの動き方を考えます。


赤⑤のディフェンスが横のパスコースをふさいでなければ、青⑤と青③のパスラインは確保されているので、青③はそのままのポジショニングでいいです。

IMG_0405


ただ、青⑤と青③の間に相手がパスカットを狙っているならば、青③はポジショニングし直さなければいけないので、少し下がって、⑤からのパスラインを作ります。

IMG_0406


別の相手である赤③が味方の青③別の相手がパスカットを狙っている場合も、青③はパスを受けるために斜め後ろに動いてポジショニングし直して、⑤からのパスラインを作ります。

IMG_0407


また、ボールホルダーに相手が強くプレッシャーをかけている場合も視野が狭くなるので、味方か見える場所に動く必要があります。

これも⑤からパスを受けるためのパスラインを作る動きです。

IMG_0373


ボールホルダーである⑤とその横である③の両方に厳しくプレッシャーがかかる場合もあります。

これは初心者チームにとってよくあるし、一番難しいシチュエーションだと思います。

一旦はボールホルダー⑤が頑張ってボールキープするか、③が頑張って相手のマークを剥がすか、という所になりますが、それも初心者には難しいかと思います。

その場合、一番簡単な方法は、ゴレイロにパスしてビルドアップをし直す方法です。

IMG_0375


ゴレイロへのパスが難しかったり、バックパスのファールを取られてしまう場合はさらに難しくなります。

ここから少し難しくなっていきますが、フットサルにはこういう手段があると知っておく事が、プレーメモリーを増やすという意味でお伝えしていきます。

まずは、ボールホルダーの青⑤が何とか中央にドリブル出来るとします。

そうすると、青⑤がいた場所にスペースができるので、そこに青②が下がってきます。

IMG_0403


青⑤は進んでいる方向とは逆の青②にパスを出すため、足の裏で軽くボールを後ろに出すようにします。

この技術は、フットサルでピサーダと呼ばれています。

IMG_0404



また、味方の青①が下がってパスを受けるということでもパスラインを作れます。

これは、味方の青③が右に動いて、青⑤との距離を話した方が成功しやすいです。

これは、味方同士で出来ているラインの間に入っていくという、ラインカットと言われるフットサルの動き方でもあります。

IMG_0396


このラインカットですが、味方の青②が下がっても良いです。

これは青⑤が先にパスを出して、青②が青⑤の横に降りる動きだけを見れば、フットサルでボランチという動き方になります。

IMG_0398


もし、この下がってきた青①や青②にも、相手のマークがタイトに付いてきたら相手が3人前に出てきて、裏にスペースががあるので、裏に蹴って良いです。

IMG_0399


また、赤③が裏のスペースをケアしているようであれば、青③へのパスを通したいので、青③へのパスコースを作ります。

一つの解決方法として、スリーオンラインというやり方があります。

スリーオンラインとは、直線上に味方3人が並んで、そこからの動き方でプレスを回避するやり方です。

ボールホルダーの青⑤と下がってきた青①と青③で3人が同一線上に並びます。

IMG_0401


そして、一番奥の青③のマークが外れているようであれば、そちらにパスを出します。

真ん中の青①は前に抜けるか、スルーします。

IMG_0402


まとめとしては、相手がパスラインを切ってきたら、味方はパスラインを作るために動く、という事です。

パスラインの作り方がいくつかあるので、それをお伝えしました。

今回は以上となります。


≪当ブログの代表的な記事≫

オフザボールの時の動き方

こちらにオフザボールの全てを入れました!

一番人気の記事ですので、ぜひご覧ください。